• CEO 鎌田 淳

レポート:社会的インパクト・マネジメント思考に基づく事業計画づくり伴走支援(1ヶ月間)

2021年3月の1ヶ月間、シングルマザーを支援しているNPOの「就労支援事業」について、事業内容見直しを図るため、社会的インパクト・マネジメント志向で事業を組み立て直したいとのご要望により、1ヶ月間の超短期間ですが、事業計画づくりのステップを一緒に走らせていただきました。

*1ヶ月間の支援プランは下図の通り


1ヶ月間でこの工程を進めるのはかなり難儀ではありましたが、新年度を迎える4月から新たな事業で実行フェーズに入って行きたいとのことでお引き受けいたしました。


①情報収集・リサーチ

②情報分析、課題の特定、目的設定、対象者設定

③ロジックモデル作成、指標・目標値の設定

④各種計画書作成


オンラインでマンツーマンというスタイル。

レクチャー&課題提出→課題共有&フィードバック&レクチャー&課題提出という流れで週に1回2時間の中で濃密で凝縮されたサポートを実施しました。


短期集中でしたので、クライアントからはペースメーカー役を担ってもらうことも期待されており、また、自団体で他のスタッフと一緒に取り組んできた課題を共有してもらい、それに対する突っ込んだ質問やコメントも大いに気づきを得たとのことでした。


全くの新規事業開発であれば、このような短期間で組み立てるのは無理ですし、もう少しじっくり取り組むべきだと思いますが、一度1年間実施した事業を見直して、事業再構築の場面でしたので、1ヶ月間でも価値あるサービスを提供できたのではないでしょうか。


ご依頼をいただいたクライアントさんは、元々は社会的インパクト・マネジメントに関するセミナーの受講生でしたが、自団体に戻って事業再構築で実践していきたいとのことで個別にご相談いただいたのがきっかけでした。


セミナーを受けっぱなしではなく、自団体で実践いただけるのは本当に嬉しい限りです。

社会的インパクト・マネジメントを理解するだけではなく、誰でもどの組織でも使えるようにしていくのが我々のミッションでもあります。



5回の閲覧0件のコメント